久々の村上春樹

3年ぶりくらいに村上春樹の本を読んでいるが、昔あれだけはまったのに、今読むとなんだかあらゆる事が簡単に綺麗に済まされすぎてて心に響かない

 

まず簡単に女の子と寝すぎ。主人公が特に美形設定でもないのに目があっただけで知らない女の子(美人)に気に入られて話しかけられるとかありえない。簡単に仕事こなしすぎ、簡単に金稼ぎすぎ。など…

 

現実の生活では、もっと1つ1つが難しいし手間がかかるよ。こんなに簡単に物事は進まない。

 

うーん、昔はこのクールでスタイリッシュな無機質さが良かったんだけどな…

 

こういうところが、自分が年取ったって事なんだろうな。感動しにくくなる事、ケチをつけやすくなる事、幸せを感じにくくなる事etc…

 

これは村上春樹が悪いんじゃない、私が悪いんだ

 

村上春樹は結構年取ってるはずだが、まだまだ新しい小説を出してるのすごいよなぁ。頭がいい人は愚痴とか人の粗探しとか、そういう余計な事に人生を費やさないんだね。やっぱ騎士団長殺し読むべきだな