やってみないとわからない

世の中のあらゆることは、実際に犠牲を払ったり痛い目を見たりして、自分でやってみないとわからないんだと痛感した

 

今はネットで色んな情報が手に入るから、人の体験を見ただけで、さも自分が体験したように思ってしまう

 

しかし、他人の体験と自分の体験が100%一致することはありえない。他人が良いと言ってることが、自分がやってみたら良くなかったりする

 

例えば、ヤフオクとメルカリ。あなたはこの2つにどのような印象を抱くだろうか?どちらも利用したことがある人はすでに知っているだろう。2つとも利用したことが無い人は、「どちらも同じ」とか「ヤフオクの方が有名だから良さそう」とか思うかもしれない

 

しかし、実際に使ってみると全く違う。楽天とアマゾンよりもっと差がある。結論を言うと私はヤフオクは全く合わなかった。一見さんお断り感が凄いし、注意書きがやたら多くてアスペにはキツイ。その点メルカリは気楽である。メルカリはマナーが悪い人がいるという評判もあるが、私は今のところ一度もトラブルに遭ってない。ヤフオクは業者向け、主婦層のフリマという感じ。

 

しかし、ヤフオクとメルカリだけでこんなにも違うのである。世の中、どんなことでもきっと評判と事実はかなり違うだろう

 

自分がやってみないとわからないから、できるだけ興味を持ったことはなんでも体験してみたい。しかしそこにはリスクもあるし、金銭的な出費もあるもし、やってみて失敗する可能性も多いにある。完全に初心者だから、最初で上手くいくことの方が稀である

 

それでもやってみたいという意欲があるからやらずにはいられない。生きている間は行動をし続けなければならないのだから