みんなが変化していく中で

周りの友達や同級生、先輩などが、風の噂で「今どうしてる?」というのが耳に入ってくる。みんな仕事や結婚、自分の趣味などで、明らかに前より進歩しているようだ。

 

みんな自分の大切なものややりたい事のために、1日1日を少しずつ前に進みながら生きてる。その差は最初は少ないけど、5年10年と経つにつれ圧倒的な差になって出てくる。幸せのために、前向きに頑張ってきた人たちは、それぞれの結果を得ている。

 

私はというと、この10年嫌なことから逃げ続け、失敗を全て人のせいにし、どうせいい事なんか起きないんだと悲観を決め込んで、退化していくだけだった。今となってはもう自分が何をしたいのかわからないし、趣味もないし、人間関係は壊滅的、当然孤独で、性格はこじれて常に攻撃的になってしまった。

 

周りとの差は、もう取り返しがつかない。私はこのまま老いて、首をくくるという終末を迎えるべきなのかもしれない。(私は自殺否定派ではない。自分の死は自分で選択する権利があると思う)

 

とりあえず今は自殺の話は置いておいて、なぜこうなったのか?原因はただ1つ、私は身の程知らずで、到底実現不可能な高すぎる目標を掲げ、夢を叶えられなかった自分を憎み続けているからである

 

自分に実力があれば夢を叶えられる。しかし私は、実力もないし努力なんか大嫌いなのに、大きな夢ばかり見ている。周りからもよく指摘される。

 

今からせめて変わるとしたら、せめて人の迷惑にはならない人間になりたい。存在感皆無の、人畜無害なアホになりたい

  

 私なんて凡人の中の凡人、むしろそれ以下なんだから、変なプライドとか持ってたってしょうがないんだ。誰も期待してないしな

 

人より秀でているものが何1つないから、失うものも何もないと、ポジティブに考えよう